ソラシドエアの評判

ソラシドエアの評判はどのようなものなのか。認知度はどのくらいあるの? - ソラシドエアの飛行機は見た目も爽やかです

ソラシドエアの飛行機は見た目も爽やかです

旅行と考えれば、見た目も重視したいですね。飛行機を選ぶ基準として外観も大切です。それで気分が盛り上がることも少なくないからです。外見の良さで比べるとソラシドエアは国内でもトップクラスです。

機体の外観は爽やかです

羽田空港に駐機している飛行機を見れば、一目で航空会社がわかります。例えばJALは赤、ANAは青、ならばソラシドエアは何色か、同社によるとピスタチオグリーンです。黄緑色の機体は、太陽の下で爽やかさを感じると同時に鮮やかです。
地元の宮崎は太陽の国です。そうしたイメージにマッチします。これから南国へ遊びに行こう、そうした気分を盛り上げてくれます。また機体の横には大きくSolaseed Airの文字があります。初心者でもわかりやすいと評判です。

機内が意外にゆったりしています

使用している機体はボーイング737-800です。両側に3列ずつの配置です。とはいえ室内は意外なほどゆったり感があります。前後の座席間隔は81センチなので、大柄な男性でも足元に余裕があります。
上にある手荷物収納スペースもゆったりしています。そのためキャリーケースも楽々入ります。さらに側面ミラーがあるので、忘れ物のチェックが可能です。ちなみに女性優先の化粧室が前後にあります。ビジネスの前でも心に余裕が持てます。

CAさんの制服がかわいい

機内の殺風景さを緩和してくれるのがCAさんです。グレーを基調としたシンプルなデザインの制服がかわいいと注目されています。首にはコーポレートカラーでもあるピスタチオグリーンのスカーフが巻かれています。
諸般の事情で大手航空会社では制帽を廃止していました。とはいえソラシドエアでは復活しています。これもアクセントになっています。LEDの温かみがあるライトとマッチして、旅行の雰囲気を盛り上げてくれます。

見た目の良さも大切です

飛行機だからこそ見た目の良さも大切です。そういう点で考えれば、ソラシドエアは大手航空会社にも負けません。一目でわかる外観、もちろん室内のゆったり感や爽やかさにも定評があります。

関連する記事

アーカイブ