ソラシドエアの評判

ソラシドエアの評判はどのようなものなのか。認知度はどのくらいあるの? - ソラシドエアのフライトは九州方面なら便利です

ソラシドエアのフライトは九州方面なら便利です

大手航空会社と呼ばれるためには国内の空港を網羅する必要があります。その点で考えるとソラシドエアはマイナーな存在です。だからこその魅力もあります。つまり九州方面に強みがあり、利便性はあるとの評判です。

宮崎へ行くなら便利です

ソラシドエアの地元は宮崎です。そのため羽田宮崎便がメインフライトです。毎日7往復しています。例えば羽田からの始発は6時45分であり、最終の宮崎発は19時25分です。宮崎での商談、日帰りの観光も全く問題ないと言われます。
逆も宮崎からの始発は7時35分です。羽田発の最終便は19時05分なので東京の滞在時間も十分確保できます。また宮崎から那覇へ飛ぶことも可能です。那覇からは石垣、神戸、名古屋への便もあるため工夫次第で利便性は高まると評判です。

九州なら多様な路線があります

九州にはスターフライヤーもありますが、ソラシドエアは九州南部がテリトリーです。住み分けができています。つまり羽田からのフライトは宮崎以外にも大分、熊本、長崎、鹿児島便があります。
穴場の路線は、神戸那覇便でしょう。毎日3往復しています。混雑する大阪伊丹や関空に比べれば神戸空港は落ち着けます。交通の便もよいため関西圏から沖縄へ行くならお薦めとの評判があります。

乗り継ぎ便にはANAが使える

マイナー航空会社の欠点は、フライトの多様性がないことです。マニアックな路線がある一方で乗り継ぎできないもどかしさがあります。とはいえソラシドエアはANAと提携しているため一部共同運航しています。
また国内線であればソラシドエアとANAはスルーチェックインが可能です。つまり最大3区間まで荷物を預けっぱなしにできます。降りた空港で手続きし直す手間が省けます。繁忙期のビジネスでも重宝すると評価されています。

九州方面ならソラシドエアです

首都圏や関西から九州へ向かうなら、ソラシドエアが便利です。ANAと提携しているので北日本への乗り継ぎも可能です。マイナーだけど利便性が高いとした評価は揺るぎないようです。

関連する記事

アーカイブ